青汁ってそもそも何?何でこんなにも人気があるの?

青汁という名前は誰もが聞いたことがあるとは思いますが、実際に飲んだことはないという人も多いと思います。

辞書で青汁と引いてみると「生の緑葉野菜をしぼった汁」と書いてあります。 野菜は加熱すると壊れてしまう栄養素もあるため、効率よく栄養を吸収するには生で摂取するのが一番いいのです。

ですが、生野菜を一日にそんなにたくさんは食べられませんよね?それに野菜をしぼったりミキサーでジュースにして毎日飲むのはなかなか難しいことです。

生野菜を効率よくとるために

健康のためにもっとかんたんに、手軽に野菜を取れるように開発されたのが青汁です。

  • 生野菜のビタミンミネラルがそのまま摂取できる

    市販の青汁は、野菜を生でしぼることによって、「野菜を加工調理した時に失われてしまうビタミンやミネラル」などの栄養素の損失をできるだけ防いでいます。

  • かんたんに摂取できる

    飲みやすいように「粉末タイプ」「錠剤タイプ」「ジェルタイプ」などいろいろな形に加工されているものが市販されている青汁になります。

  • 栄養バランスが考えられている

    栄養バランスも考えられているために、自分で栄養素を考えて複数の野菜を配合してミキサーにかけるという手間がいりません。

  • 場所を取らない

    生野菜は冷蔵庫内の容量を取りますが、青汁は常温保存も可能で、野菜ほどかさばりません。

  • このように手軽に必要な栄養素を取れるという利点があります。

    高い栄養バランス

    主原料や成分の配合量によって栄養成分に違いこそあるものの、商品として発売されている青汁はバランスのとれた栄養を摂取できる健康食品と言うことができます。

このページの先頭へ