青汁の美味しい飲み方を紹介!まずい青汁が劇的に美味しくなります!

粉末タイプの青汁であれば水に溶かして飲むのが一般的ですが、ひと工夫することでぐっと飲みやすくなるので続けやすくなります。

中でも美味しかった飲み方について紹介したいと思います。

粉末タイプの青汁

多くの青汁は粉末タイプですが、粉末タイプは青汁特有の青臭さや苦い味もかなり抑えられているために、いろいろな飲み方のバリエーションによく合います。

粉末を割る飲み物を変えるだけでもいろいろなパターンが出来上がるため、自分だけのオリジナルの飲み方が発見できるかもしれません。

牛乳や豆乳で割って青汁ラテ

至ってシンプルで、水の代わりに牛乳や豆乳で割るだけでぐっと飲みやすくなります。

ただし、牛乳や豆乳に含まれるたんぱく質と一緒に摂取すると吸収が悪くなってしまう場合があるので、青汁を買った時に一緒についてくる飲み方の紙に一応目を通しておいてください。

最近の青汁は吸収しやすく加工されているため、そんなに気にすることはないかとは思いますが、薬局などで買える値段の安い青汁や、「水以外で割らないでください」というような注意書きがあるものは要注意です。

青汁でオリジナル野菜ジュース

果汁100%のフルーツジュースに青汁を混ぜることでオリジナルの野菜ジュースの完成です。

市販されている野菜ジュースは加熱処理されているため、失われている栄養素があります。野菜ジュースを飲むよりも青汁と100%果汁のフルーツジュースをつかう方がたくさんの栄養素を摂取できるうえに、味も美味しいです。

フルーツジュースは「リンゴ」「オレンジ」「パイン」「グレープ」など、味は好きなもので構わないので、自分の飲みやすいものを使ってくださいね♪

緑茶で割って青汁茶

青汁の粉末タイプは、粉末で溶かして飲むお茶をヒントに改良されているものが多いので、緑茶との相性はバツグンです。

冷たい緑茶だけでなく、温かい緑茶にも合います。抹茶のような色合いになってお茶の香りがプラスされるためとても飲みやすくなります。

緑茶以外にもほうじ茶、玄米茶、どんなお茶にも合いますので試してみてください。






このように色々な飲み方が考えられるので、自分なりにいろいろ試してみると面白いかもしれません。

冷凍タイプの青汁

粉末タイプと比べると、飲みものとの相性はあまりよくないので、普通に飲む以外であれば料理に混ぜて使うのがいいでしょう。

洋風の料理に隠し味として加えたり、スープに使ったり、カレーに入れたりと様々な使いかたが考えられます。

また、冷凍タイプの青汁は果物と一緒にミキサーにかけて手作りグリーンスムージーにするには向いています。

このページの先頭へ