青汁の牛乳割り!まずい青汁でも一気に飲みやすく!

そのままでは飲みづらい青汁を牛乳で割ると美味しく飲めるとのことで、検証してみました。

青汁の中でも主原料にケールが使われているものはケール独特のクセやにおいがあるため、飲みづらい方もいらっしゃいます。

そのため、ケールの青汁を使って牛乳割を作ってみました。

牛乳を用意

グラスと牛乳

牛乳はどこでも売っているふつうの牛乳です。

使用する青汁はファンケルの出している「本しぼり青汁ベーシック」です。ケールのにおいが独特で私が一番飲みづらいと感じたものです。


青汁と牛乳とグラス

それでは検証開始!



牛乳が注がれた青汁

これをしっかりとかき混ぜます。


牛乳が注がれてかき混ぜた青汁

水と比べるとやはり溶けづらいようです。しっかりとかき混ぜてもグラスの底の方に少量残ってしまっているようですね。


溶け残るのがもったいないと思われる方は、牛乳の量を増やすか、電子レンジでチンしてホットにしてもいいかと思います。


味がまろやかになりました

ケールの青汁特有のにおいや味がかなり緩和されてかなり飲みやすくなりました。

大麦若葉の青汁や緑茶が配合されているものだともっともっと美味しく飲めます。

今まで味がダメで敬遠していた方でも、牛乳で割れば何とか飲めるという場合が多いようです。

このページの先頭へ