【便秘解消】青汁の豊富な食物繊維が便秘に目に見えて効く!!

青汁のほとんどは「水溶性食物繊維」が含まれており、さらにこだわって作られている商品には「不溶性食物繊維」もバランスよく含まれています。どちらも便通をよくするものです。

さらに各種ミネラルが便通を助ける働きを持っているのです。詳しく見ていきましょう。

水溶性食物繊維

腸内で便が硬くなると、排便がうまくおこなわれません。水溶性食物繊維の高い保水力が便をやわらかくし、腸内の有害物質やコレステロールを体外に排出するのに役立ちます。

さらにこの水溶性食物繊維は粘性が高くドロドロしているため、食べ物の栄養素をしっかりと吸収するのに役立ち、ブドウ糖などの糖類の吸収は緩やかになるため血糖値の上昇を防いでくれます。

不溶性食物繊維

不溶性食物繊維は大腸の中で何十倍にも膨らむため、腸壁を刺激し便の排出を促してくれます。これにより、消化された食べ物が大腸を通過する時間を短くなるため、悪いものが早くお腹の中から排出できるということになります。

さらに、この不溶性食物繊維がたわしのように有害物質を絡め取って排出してくれるためにがんの発生リスクも抑えます。

ミネラル類

青汁から十分な量のカリウムやマグネシウムを摂取することでも便秘の解消につながります。

特にマグネシウムは普通の食生活を送っているとどうしても不足しがちになってしまう栄養素のため、青汁を飲んでしっかりと補給することで正しい便通に導いてくれます。


腸内に便が溜まっている状態というのは有害な物質が体内に滞っている状態なので、肌荒れの原因となったりするため、青汁を飲むことは美容に優れた効果があるということになります。

食物繊維を摂ることによって効果を実感できるまでは比較的にあまり時間がかかりません。

青汁を飲んで便通の改善を実感できるまでには、人によりますが2週間もあれば十分期待できるでしょう。便秘に悩んでいる方は青汁を始めてみてはいかがでしょうか?

このページの先頭へ