【花粉症の症状の改善】青汁で辛いジュルジュル、くしゅんが治る!?

青汁には花粉症の症状の改善や予防、緩和の効果があるとされています。

温かい季節になると辛い思いをする人はたくさんいらっしゃると思いますが、春~夏にかけてだけではなく、一年を通して何かしらの花粉というのは飛散しているのです。

くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの症状が強く出ると仕事や日常生活にも支障が出てしまいますね。

さらに偏頭痛や便通の乱れを併発してしまう場合もあり、本当に辛いものです。

花粉症に有効に働く成分

ケールが主原料の青汁には「糖脂質」と「フラボノール配糖体」という花粉症の症状に効果のある成分を複合的に含んでいます。

この2つの成分がアレルギー症状を抑える働きがあるために、花粉症にも有効なのです。

成分表示にケールを確認してみてください

花粉症に効果があるのはケールが使われている青汁だけになるので、ほかの大麦若葉、明日葉などの主成分では花粉症の改善は望めません。

花粉症やアレルギー改善を目的として青汁を飲む場合は必ず原材料に「ケール」が配合されているかどうかを見てください。

ケールは多くの青汁で使われている葉野菜なので、比較的探しやすいと思います。


ただし、花粉症の発症を完全に抑えるというものではないので、症状が全く起こらなくなるということではありません。

花粉症の辛い症状の緩和や、花粉症体質の改善に役立つものですので、症状が発症してから飲むのではなく、花粉の飛散量が少ない季節から続けて飲み続けることをおすすめします。

それによって過度なアレルギー反応が起こらないようにするというのが賢い青汁の活用方法だと言えるでしょう。


【青汁によるアトピー症状の改善について】のページも見てみる⇒

このページの先頭へ