【血糖値を低下させる】青汁が食生活を整え、自然に健康体へ!!

血糖値

血糖値が高いと、糖尿病や痛風などの病気にかかりやすくなります。

青汁には血糖値を下げる効果が期待でき、中でも「明日葉」「桑の葉」を主原料としている商品にはその効果が特に期待できます。

明日葉に含まれるカルコン

このカルコンという物質は明日葉だけが含有しているポリフェノールの一種で、数多くあるポリフェノールの中でも非常に貴重なものです。胃酸の分泌を抑えたり老廃物を排出する手助けとなり血液をサラサラにしてくれる効果も期待できます。

実験でもこのカルコンに血糖値上昇を抑える高い効果が認められました。

桑の葉に含まれるDNJ

DNJは小腸内で消化酵素と結びつくため、消化酵素の働きを緩慢にし、ブドウ糖の分解を抑制します。これにより、血糖値の上昇が緩やかになり、血糖値の上昇も防ぐことができます。

桑の葉の配合されている商品には高いダイエット効果が期待できるのです。


ただし、青汁はどんな食生活をしていても健康を保ってくれる万能薬ではありません。

一日に必要量以上の糖質を摂取し、動物性の脂質を過剰摂取していれば健康を害してしまいます。「毎日ラーメンばかり食べているけど、青汁を飲んでいるから健康!」ということにはならないのです。

しかしながら、青汁の血糖値を低下させる効果は大きなサポート力となるので現在の食生活に不安がある方は、毎日一杯の青汁から始めてみることをおすすめします。

このページの先頭へ