青汁を誰かにあげるなら何が喜ばれる?母の日や父の日のプレゼントに…

自分が青汁を飲んでいると誰かにも進めたくなるものです。健康に役立つ青汁を大切な人にも飲んでもらいたいと思うのはごく自然なことですよね。

ですが、青汁というのは商品によっては風味にクセがあったりするために好みがやはり分かれてしまいます。せっかくあげても飲んでもらえないと少し悲しいですよね。

なので、しっかりと事前にプレゼントしたい相手の好き嫌いなどを調べておくというのも大切になります。野菜の好き嫌いが多い方にとっては青汁はまずいと感じてしまうかもしれません。

また、母の日父の日に両親の健康を願って青汁をプレゼントするというのも素敵ですね。

ここでは青汁を人にプレゼントする際の注意点などを紹介します。


飲みやすさを重視する

自分が飲むのであれば、栄養素を基準に選んでもいいし、形状にこだわって飲んでもいいし、自由です。


ただし、これが人にあげる場合となると飲み続けるのが難しいものをプレゼントしてしまうと、渡した相手に余計な気を使わせてしまいます。


なので、最近の青汁はどれも飲みやすくなってはいますが、特に青臭いにおいがする「ケール」が主原料のシンプルな青汁はできるだけ避けるようにしましょう。


大麦若葉や明日葉、クマザサ、桑の葉の青汁が飲みやすいと思います。中でも、これらの原料を数種類配合している商品は、味がかなり飲みやすく調整されているものが多いです。


事前に自分で買ってみて飲みやすいものを選ぶというのもいいかもしれませんね。青汁の中でも飲みやすいものは緑茶として出しても良いくらい美味しいですよ


安心できるブランドの青汁を選ぶ


スーパーや薬局で売っている青汁の中でも安いものは品質が悪い場合もあります。水に溶けづらかったり、原料の生産地がわからないようなものだったり、処理加工段階で栄養素が壊れてしまっていて飲んでも効果がないものだったり…中にはコストを抑えるために原料を放射線に通して製造しているものもあったそうです。


せっかくつづけて飲んでも効果が無かったり、逆に体に悪いなんてことがあったら悲しいですよね。


なので、必ずスーパーやドラッグストアで買う場合はそれぞれの材料の原産国と、製造・加工工程に関して調べてからにした方がいいでしょう。


また、店舗で買うよりもネット上で購入することを強くおすすめします。ネット上であれば商品の情報について詳しく知ることができます。当サイトからそれぞれの青汁の商品ページを見て頂けるとわかりやすいかと思いますが、成分や原産などについても詳しく書いてあるため、自分の目で詳しく見て選ぶことができます。


ライフスタイルを考慮して選ぶ


例えばプレゼントしたい相手が忙しい人の場合は、毎日水に溶かして飲まないといけない粉末タイプよりも、手軽に飲める粒タイプや5秒でちゅーっと飲めるジェルタイプなどを選んだ方が喜ばれます。

母の日のプレゼントであれば、粉末タイプで安心して飲める栄養価の高い青汁が喜ばれます。それに美容効果などもあるとさらにGOODですね。

父の日のプレゼントであれば、いつまでも若々しい男性でいるための成分がプラスで配合されている青汁なんてものもあります。


また、妊娠中の方には葉酸が多めに調整されていて安全に飲める青汁もあります。


このようにして様々ある青汁の中から、プレゼントしたい相手のライフスタイルに合わせた商品を選んでみましょう。


健康というのは失って初めて気づく大切なものです。ですが、風邪などで体調を崩したことがあれば健康の重要性を知らない人というのはいないでしょう。


大切な人にいつまでも元気でいて欲しいから「健康をプレゼント」なんて素敵だと思いませんか?

このページの先頭へ