青汁の原材料について。使われている主成分で効能が変わります!

商品によって、主成分として使われている野菜が変わります。それによって栄養バランスが少しながら変わってきますし、風味に違いも出てきます。

大体大きく分けると数種類になりますのでチェックしてみてください。

主な主成分

主原料としてよく使われているものが「大麦若葉」「ケール」「明日葉」です。

青汁の原料

そのほかのマイナーなものには桑の葉やヨモギなどが主原料となっている商品もあります。いくつかの説明をしたいと思います。

大麦若葉

大麦若葉は香りや風味にくせが少ないため、野菜が苦手な人でも大麦若葉の青汁であれば大丈夫という人もいるようです。

比較的、最近から青汁に使われるようになった成分で、ビタミン、ミネラル、食物繊維をバランスよく含んでいるのはもちろん、「SOD酵素」というものを多く含んでいるのが特長です。

SOD酵素とは、強力な抗酸化作用を持っている物質で、食事で摂取するのは難しいと言われています。この酵素によって動脈硬化や生活習慣病を予防するだけでなく、シミやそばかすなどの肌トラブルなどにも効果があります。

美容効果 アンチエイジング効果に優れている上に飲みやすいため、大麦若葉は気軽に青汁を始めたい女性におススメです。

もし、この大麦若葉でも青臭くて飲めないという人には既製品のグリーンスムージーがおすすめです。

ケール

もっとも多くの商品の主原料として使われているものになります。

とても栄養価が高く【緑黄色野菜の王様】と呼ばれるほど優れた野菜なのですが、料理に使うのが難しいためスーパーなどの店頭で見ることはありません。

ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれており、その中でもビタミンA(ベータカロチン)とビタミンCが多く摂取でき、また目の疲れを予防するルテインも摂れるのが特長です。

アレルギーの改善や、花粉症にも効果があることがわかっています。

明日葉

ビタミンA(ベータカロチン)とビタミンB群を多く含有していて、ミネラルも豊富でバランスも良いです。

明日葉の特有の成分として「カルコン」という成分があり、これは発がん性物質を抑制したり、胃酸の分泌を整えて潰瘍などを予防してくれる働きもあります。

また、アルツハイマーを予防する効果なども期待できるため、医学界からも注目を集めています。

健康を気にして青汁を始めてみたいと思っている人は明日葉を主原料とした青汁がおすすめです。

桑の葉

桑の葉に含まれるDNJというものが、インシュリンの分泌を抑えるため高いダイエット効果が期待できます。さらに、糖質をカットしてくれる働きや、脂肪が身体に蓄積するのを防ぐため、太りにくい体を作るのに役立ちます。糖尿病を予防する効果も期待できます。痩せたい人や肥満が気になる人にはうってつけになります。

肝機能の働きを活性化させるために、二日酔いに効果があり、胃のもたれ感やむかつきを予防してくれます。お酒を飲む機会が多い人にもおすすめできます。

緑茶

青汁の成分として緑茶が使われる場合は、普通にお茶を飲むよりも何倍も濃い成分で調整されていることが多いために、お茶に含まれるカテキンがもたらす高い健康効果が期待できます。

ウィルスや菌を寄せ付けない作用で体調管理にも役立ち、さらに身体のなかの悪玉菌を減らしてくれ、ダイエット効果も期待できます。

病気がちですぐに体調を崩してしまうという人には緑茶が主成分として配合されている青汁がおすすめです。

目的によって選び分ける

桑の葉や緑茶は青汁の成分の中ではあまり有名ではありませんが、桑の葉の高い体型管理、緑茶の高い抗菌効果など、他の主要成分よりも特化している部分があるので、用途に合わせて選ぶといいと思います。

どの主成分で選んでも、必要な栄養素はバランスよく摂れるようになっています。あとは飲みやすさは人それぞれ好みがあると思うので、続けられそうなものを選ぶといいと思います。

それにプラスして自分の健康面、美容面での悩みと照らし合わせていろいろ試してみるのもいいと思います。

このページの先頭へ