青汁の形状について。ライフスタイルに合わせて選ぶのが正解!

青汁には様々な形状がありますが、大きく分けると、

  • 粉末
  • 冷凍タイプ
  • 錠剤
  • フリーズドライ
  • グリーンスムージー

…この5種類です。自分に合ったものを選びたいですね。

青汁の形状別説明

それぞれの形状タイプごとに紹介したいと思います。

粉末

青汁の形状の中では一番ポピュラーで人気があるのがこの粉末タイプです。

飲みやすく加工された青汁を乾燥させて粉末状にしたものになるため、青臭い匂いや味にクセがなく飲みやすいものになります。

加工時に失われる栄養価も考慮されて作られている場合が多いため、冷凍タイプと比べても栄養価という観点では遜色ないでしょう。

容量が少ないためかさばらないので、バッグなどに入れて持ち歩くことができ、どこでも溶かして飲むことができるのが利点です。

水の代わりに牛乳やジュースに溶かして飲むことができるので、摂取の仕方もバリエーション豊富といえます。

冷凍タイプ

絞りたての青汁をそのまま急速に冷凍したものがこの冷凍タイプになります。

加工がされていないため、新鮮なので栄養価が凝縮されているため、5つのタイプの中で一番栄養価が高くなります。

しかし、青汁独特の匂いや苦みがあるため、クセが強いです。飲みづらいという人もいれば、それが好きだという人もいます。

液体をそのまま凍らせたものなので保存場所が冷凍庫に限定され、さらにかさばってしまうことが欠点です。さらに、飲む前に解凍しなくてはいけないという手間もあります。

錠剤

いわゆるサプリメントのように摂取できるように加工されているものです。

薬の錠剤と同じように水で流し込んで飲むことができるので、手軽にどこでも飲むことができます。粉末以上に携帯に便利といえるでしょう。

青汁特有の匂いや味が嫌いという人にも大変おススメです。

しかし、製造加工の段階で失われてしまう栄養素があるので粉末や冷凍タイプと比べると栄養価で少し劣ります。

さらに、錠剤は胃や腸の中で解けるまでに時間がかかるため、吸収率という点でも液体の方が勝っています。しっかり錠剤を噛み砕いて飲めばいいのでしょうが、それだと錠剤を選ぶ意味があまりありません。

出先で飲む場合などには適していると言えるでしょう。

フリーズドライ

インスタントの味噌汁やスープのようにお湯で戻して飲むタイプです。

青汁を急速冷凍し、真空乾燥させてつくるため、加工工程で熱処理を行いません。なので、栄養価の損失が少ないものになります。

また、粉末タイプのように水に溶かして飲むことができるものも多いので、携帯にも便利です。

フリーズドライ製法の商品は、粉末タイプと比べると値段が高いというのが欠点です。

グリーンスムージー

最近人気のグリーンスムージーはダイエット効果の高い商品も多く、美容を気遣う女性におススメです。


グリーンスムージーについての詳しい記事はこちら⇒


グリーンスムージーはフルーツジュース感覚で飲めるので、青汁が苦手な人にもおすすめです。


目的ごとの選び方

飲みやすさでいうと、錠剤、フリーズドライ、グリーンスムージーが優れています。

最大限、栄養素を摂取したいのであれば、冷凍タイプ、粉末、フリーズドライがおすすめです。

職場では粉末、出張先では錠剤、おうちでは粉末というようにTPOに合わせて飲み分けている人も多くいるようです。

それぞれのタイプごとに優れている点があるので、あとは好みで選ぶといいかと思います。

このページの先頭へ